Kao
[応急処置SOS]
その他製品全般が目に入った時

製品の種類にかかわらず、製品が目に入ったら、必ずすぐに流水で充分に洗い流してください。
目をこすると傷つきますので、こすらず、下図を参考にして静かに洗い流しましょう。
製品の注意表示に、洗い流す時間(15分以上など)が記載されている場合は、必ずそれに従ってください。洗い流しが足りないと、目を傷めることがあります。

眼科医の診察を受けるように製品表示に記載されている場合
洗眼後、必ず受診してください。目に痛みや異常を感じない場合でも、損傷を受けている場合があります。通院の際には、必ず製品を持参してください。
主な製品はこちら

洗眼後も目に異常(刺激、痛み、かすみ、異物感など)が残る場合
必ず製品を持参して眼科医の診察を受けてください。
上手な目の洗い方
水の中でまばたきしながら充分に洗ってください。
水道で洗う方法
シャワーで洗う方法

水道で洗う方法
少しずつ水を流しながら、手のひらに水をため、水中でまばたきしながら液が入った方の目をくりかえし洗い流してください。

シャワーで洗う方法
シャワーを上向きにして弱い水流で洗い流してください。指で液が入った方の目をなるべく大きく広げてまんべんなく洗ってください。

自分で目を洗い流せない小さいお子さまの場合は、仰向けに寝かせて、保護者の方がお子さまのまぶたを開けて静かに水を注ぐ等の工夫をしましょう。むずかしい場合は無理をせず、急いで眼科医の診察を受けてください。

※目薬や洗眼液では充分に洗浄できません。流水で静かに洗い流してください。

※まぶたや顔にも製品の液や粉などが付着している場合は、目を洗う前に洗い流しておきましょう。

※すぐに洗眼することが大切なので、コンタクトレンズは無理にはずさず、そのままでまず静かに洗浄しましょう。その後、すぐはずせるならば、はずしてもう一度洗眼してください。むずかしい場合は無理をせず、すぐに眼科医の診察を受けてください。
マジックリンなどのアルカリ性の洗浄剤や、ヘアカラーが目に入ると、目が損傷する場合があります。

多くの衣類・住まい・食器用の洗剤類、漂白剤、柔軟仕上げ剤も、15分以上の洗眼および眼科医の診察が必要です。表示に従い、適切な処置を行ってください。

このページのTOPへ

各製品の安全性、応急処置方法は下記からお問い合わせください。

花王 消費者相談室
電話03-5630-9911 (9:00〜17:00、土日祝日除く)
※年末年始、夏期に休業する場合は、約2週間前からこちらのページでご案内します。

実際に、事故に伴い急性中毒の恐れがある場合に限り、下記からも情報提供が受けられます。
公益財団法人 日本中毒情報センター
一般市民専用電話
(大阪)072-727-2499 (365日24時間対応・情報料無料)
(つくば)029-852-9999 (365日9〜21時対応・情報料無料)
医療機関専用有料電話
(大阪)072-726-9923 (365日24時間対応・1件2000円)
(つくば)029-851-9999 (365日9〜21時対応・1件2000円)
※医療機関の方が一般市民専用電話を使用された場合も、情報料1件につき2000円を徴収いたします。

※思わぬトラブルを避けるために、製品は、必ず小さなお子さまなどの手の届かないところに保管してください。

このページのTOPへ

製品が目に入った時
塩素系の漂白剤・洗浄剤
このページのTOPへ

翠梛}処置SOSTOPへ
(C)KAO CORPORATION.