Kao
[応急処置SOS]
注意表示に応急処置方法が書かれていない時

通常の使用では、誤飲・誤食、目に入るなどのトラブルの発生が考えにくい場合、あるいは、それらのトラブルが発生した場合に重い症状を起こすことがほとんどない場合は、応急処置方法の表示が記載されていない場合があります。

あわてずに、応急処置SOSのトップページから該当する情報を探して、基本の応急処置を行ってください。
応急処置後も異常を感じたり、多量に飲食した場合などは、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

ご不明の点があれば、下記の花王の消費者相談室にお問い合わせください。

このページのTOPへ

各製品の安全性、応急処置方法は下記からお問い合わせください。

花王 消費者相談室
電話03-5630-9911 (9:00〜17:00、土日祝日除く)
※年末年始、夏期に休業する場合は、約2週間前からこちらのページでご案内します。

実際に、事故に伴い急性中毒の恐れがある場合に限り、下記からも情報提供が受けられます。
公益財団法人 日本中毒情報センター
一般市民専用電話
(大阪)072-727-2499 (365日24時間対応・情報料無料)
(つくば)029-852-9999 (365日9〜21時対応・情報料無料)
医療機関専用有料電話
(大阪)072-726-9923 (365日24時間対応・1件2000円)
(つくば)029-851-9999 (365日9〜21時対応・1件2000円)
※医療機関の方が一般市民専用電話を使用された場合も、情報料1件につき2000円を徴収いたします。

※思わぬトラブルを避けるために、製品は、必ず小さなお子さまなどの手の届かないところに保管してください。

このページのTOPへ

応急処置や受診で迷った時
医師の診察を受けた方がいいかどうかわからない
医師の診察で、製品の表示より詳しい情報が必要になった

このページのTOPへ

翠梛}処置SOSTOPへ
(C)KAO CORPORATION.