Kao

■エアゾール製品の引火・爆発事故を防ぐために

エアゾール製品は、密封された容器の中に内容液と噴射剤(液化ガスまたは圧縮ガス)が圧力のかかった状態で入っています。噴射ボタンを押すと、内容液と噴射剤の混合物が、噴霧口から一気に放出され、減圧による噴射剤の急激な膨張によって内容液が非常に細かい霧や泡になるのが特長です。
噴射剤として液化石油ガス(LPG)やジメチルエーテル(DME)などの可燃性ガスが使用されていることが多いので、火気や高温によって、引火・爆発事故を引き起こすおそれがあります。 安全にお使いいただくために、下記の注意事項、およびそれぞれの製品に表示されている「使用上の注意」を必ずお守りください。

更新日:2017年3月15日


エアゾール製品に関するご注意
使う時の注意
エアゾール製品には、使う前に容器を振るもの・振らないもの、容器を上向きにして使うもの・下向きに使うものなど様々なタイプがあります。誤った使い方をすると、ガスだけが先に出て、内容液が出なくなることがありますので、製品に書いてある使い方をよく読んでからお使いください。
>同じエアゾール製品でも、振って使うもの、振ってはいけないものがあるのはなぜ?


火気の近くで使用しない

締め切った部屋で大量にスプレーしない


保管する時の注意

直射日光が当たるところに置かない

40℃以上になるところに置かない

ごみに出す時の注意


エアゾール製品によく使われるLPガスは空気より重いので、屋内では換気したつもりでも下にたまって引火事故を起こすことがあります。危険なので、屋内では絶対に中身やガスを出さないでください。台所の流し台や浴室で換気扇を回しながらのガス抜きも絶対に避けてください。




このページのTOPへ

前のページへはブラウザバックで戻ってください。

(C)KAO CORPORATION.